薬の瓶を持つ人

ジスロマックは錠剤、細粒、ドライシロップなど様々な剤形があり、それぞれ症状によって飲み方が異なります。
副作用も少なく、大人から子どもまで飲めるようになっている薬ですが、誤った飲み方をすると症状が改善しないばかりか、体に悪い影響を与えてしまうので注意しましょう。
一般的に処方されるのは錠剤のタイプで、250mgを3日分用意されるはずです。
成人は1日1回2錠を500mgとして3日間の服用となりますが、飲むタイミングは血中濃度を維持するために同じ時間で飲むのが望ましいとされます。
錠剤であれば飲み忘れないように食後が適していますが、食事の時間が不規則な人は時間を決めて飲むと問題はありません。
尿道炎では1回に4錠を1,000mgで飲む必要があり、その1度だけで済むため、時間は関係なく処方された時に飲むと良いでしょう。

ジスロマックを使う病気としてクラミジアが挙げられます。
クラミジアの初期症状は男性であれば排尿痛、女性であれば性器の痒みであったりおりものが汚くなることが挙げられますが、男女ともに無症状で症状が進行することもあります。
ですから、性病感染が懸念される危険な性行為をしてしまった後など、クラミジアの疑いがあればすぐに検査しましょう。
ジスロマックは通販で買えるので、感染していなくても事前に準備しておくのも良いです。
クラミジア治療の場合では、1回500mgを2錠服用することでクラミジア菌を殺菌することができます。
また、ジスロマック以外の薬ではディバインというものもあります。

ディバインはクラミジアに効果的ですのでジスロマックが体に合わないという方にもおすすめです。
ディバインはミノサイクリンのジェネリックでマイコプラズマやクラミジア以外にマラリアの原虫にも効果がある薬となっています。
ディバインは病院で処方されていない薬となっているので、ネット通販で購入となり、注文すると自宅に届きます。
使用する際は、ディバインの副作用や注意事項などをきちんと理解した上でお使いになるか、医師に相談してください。

ジスロマックは細粒は小児用に飲みやすくコーティングされたもので、1日1回で3日間飲むことになりますが、時間を決めて飲むことが重要です。
苦味が強い薬なので、牛乳やヨーグルトなどに混ぜると飲みやすくなるため、予め準備しておいて食後に飲ませるのが望ましいとされます。

ドライシロップは成人用ですが、内容量は2,000mgと高濃度で水に溶かして飲むようになっています。
服用は1回で済むため、決まった時間はありませんが、食後に服用すると最高血中濃度が2倍以上になるため、下痢や腹痛が起きやすいと言われています。
基本的には食後2時間以上の時間を空けるか、空腹時に飲むのが良いとされます。
1回で済む場合は時間は関係ありませんが、数回に分けて飲む場合は、24時間後に1回で服用すると覚えておくと良いでしょう。
食後なら飲み忘れを防ぐことができますが、ドライシロップだけは異なるので注意しておきましょう。